伊藤優先生わいせつ逮捕の衝撃「妻と子供が悲惨すぎる」学校教諭の性犯罪

itou 話題のニュース

兵庫県尼崎市立小学校の教諭、32歳の伊藤優(いとうゆう)容疑者が小学5年生女児へのわいせつ行為で逮捕されました。宿泊型研修施設の林間学校で、引率した先生が児童4名にわいせつ行為の性犯罪。

高級マンションを購入したばかりで2人の子供もいる伊藤ゆう容疑者の奥さんにとっても悲惨すぎます。

伊藤優容疑者の経歴・プロフィール

名前:伊藤優

年齢:32歳

住所:兵庫県伊丹市南町2丁目

職業:兵庫県尼崎市立小学校に勤務する教諭(勤務していた小学校については後述)

2019年4月、武庫庄小学校から金楽寺小学校に異動していた伊藤優。

家族:妻と2人の子供

逮捕日時:9月23日

逮捕容疑: 小学5年の女児が寝ている部屋に入り、就寝中の4人にわいせつな行為をした疑い

伊藤容疑者の認否:認めている

伊藤優容疑者の顔画像

itouyu 2 1 - 伊藤優先生わいせつ逮捕の衝撃「妻と子供が悲惨すぎる」学校教諭の性犯罪

学校は危険人物だと分かっていたか

伊藤優容疑者が女児への変態行為がある要注意人物であることを知っていた小学校。林間学校直前に、保護者から「先生と生徒が抱き合っている」とクレームが入り、注意を受けていました。

女児への問題行動が発覚したばかりの状況で、林間学校に引率させていた小学校。

「(伊藤容疑者は)肩のころに手を置くということはしたことあります。それは当然我々だめでしょうって話を本人にし、わかりましたっていうような返事をもらっていた」
「こんなことになってしまっております。申し訳ございません」

学校の保護者会での説明

小学校教諭、伊藤優容疑者のわいせつ逮捕に衝撃広がる

林間学校で引率していた小学校教諭、伊藤優容疑者の女子児童へのわいせつ行為による逮捕はネットでも大きな衝撃がひろがっています。尼崎市立小学校の保護者や生徒だけでなく、子供を持つ保護者にとっては許せない先生の行為です。

「懲戒免職と教員免許取り消しを希望する」

「これが趣味だったら林間学校なんて格好の「チャンス」になる。」

「教師には定期的に思考、思想、それが無理ならせめて嗜好検査を受けて欲しい。」

「幼い娘を持つ父としては許せない。こういう人物が一定するいることを前提に学校は対策をうつべき」

「この女性教諭が警察に届けてくれてよかった。学校に相談してから…なんてしてたら揉み消されてしまうから。」

「賞罰歴をデータ化して共有出来るようにするくらいしかできない現状が腹立たしい」

「熟睡中で気づいていない女児が他にいるかもしれない。」

「幼い子供に性的欲求を抱く人間は、再犯率が高い。」

「被害にあった子供も何があったか分からなかったりして被害を訴えれない場合もある。」

「娘を持つ親としてゾッとしました。こんな事があったら怖くて不安で仕方ありません。 」

「 教師がわいせつな事をしたというよりは、こんな性癖の奴が教師になった。」

「何のために宿泊を伴う行事が小学校にあるんだろうか。 必要がない。」

「これは子供達や学校に対する最も質の悪い裏切りであり適性をも完全に否定する行為である」

「警察官や教職者のモラルに反する行為には何かしらかの罪名を用いて重罪としなければならない。後を絶たずこういった事件は無くならないのではないか。」

先生の意見に「そういう考えだから、公務員はだめ」という指摘も

伊藤優容疑者の小5女児へのわいせつ行為に対して波紋が広がる中、ある先生のコメントが物議をかもしています。

「公立中学校につとめる者ですが、立場を悪用した許しがたい行為。仮に林間学校で就寝中に児童の部屋の見回りをする必要があるとしても、女子児童の部屋は女性の教員が担当するというのが普通です。

「もともとそういった嗜好のある人だったのだと思います。 現実に採用段階でいわゆるロリコン趣味の持ち主である事を見抜くのはほぼ不可能だと思います。仮に面接で質問しても正直に言うはずありませんし、やり方によっては人権問題にもなりかねませんし。

賞罰歴をデータ化して共有出来るようにするくらいが現状では精一杯のように思います。」

この中学校教諭に対し賛同する声もあるものの、「そんなこと言っていたら、いつまでも教師の性犯罪をなくせないじゃないか」「しょうがない・精一杯などど、教師の女児への性犯罪防止ができない理由を述べるような人物が先生をやっているという現実を重くうけとめるべき」と厳しい指摘が相次いでいます。

学校の先生が「性犯罪が学校に紛れ込んでしまうのはしょうがない」という発言はあまりにも無責任で他人事な発想です。伊藤優容疑者の犯行は異常で本当に許せない事件ですが、毎年のように教師による強制わいせつ事件が起きてしまっている現実があります。「小学校の職場環境にも問題があるのではないか」と考えざる得ません。

校長含め教頭などの上長が、ふだんどのような指導を教員にしてきたのか。32歳伊藤優容疑者が結婚して子供がいたかどうかの報道はまだありませんが、仮に独身だったとすれば、そのこと自体を危険視する発想はなかったのか。

「32歳の公務員、独身の男性教師」が林間学校で小5女児の寝ている部屋に入れること自体が、普通ではありません。伊藤優容疑者が性犯罪者であることを見抜くことはできなかったとしても、林間学校で堂々と犯行を犯した事実は大変重い。

伊藤優容疑者の犯行を上司や同僚が防ぐことができなかったのか。今後、校長や教頭など、指導すべき立場の管理職先生への責任が問われる可能性もありそうです。また、そうならなければいつまで経っても、教師の性犯罪をなくすことはできないでしょう。

同姓同名でなければ伊藤優容疑者

「伊藤優」という名前の人物が尼崎市立小学校の教諭をしていて、2019年に「金楽寺小学校」に異動しているのが分かりました。

その小学校のホームページを見ると、行事予定表には「9月16日(月)~20日(金)5年自然学校」となっています。伊藤優容疑者が林間学校での小5女児へのわいせつ行為を働いた「9月18日午後10時から19日午前6時半」と一致します。

学校の先生わいせつ逮捕は「全国報道」

4000万円のマンションを購入しその住宅ローン返済が始まったばかりだったという伊藤優容疑者。「なぜこんなことをしたのか?」出来心だったかストレスだったか、林間学校に狙いを定めていたのか。性犯罪の心理を理解することはできないでしょう。

いずれにしても、女児への強制わいせつ容疑で逮捕され、顔写真付きで全国報道された学校の先生は、痛恨過ぎる不祥事です。今後どうなってしまうのか。

性犯罪者の男性教諭が学校の先生としての仕事を継続できる可能性は遠く離れた場所に移り住む以外にないでしょう。女児4人への謝罪を続けながら、世間の目に耐える日々。何の罪もない奥さんや生まれたばかりの子供が不憫で仕方ありません。

コメント