池田大助(いけだだいすけ)顔画像!京都府警の不祥事が物議

話題のニュース

京都府警東山警察署刑事課の池田だいすけ容疑者が、高橋俊行容疑者に逮捕予定日を教えていたことが発覚。高橋としゆき容疑者が逃走するのを助けていたのが、池田大助巡査長だったことが判明。京都府警警察官の犯罪者の多さに波紋が広がっています。

池田大助容疑者の顔画像・プロフィール

名前:池田大助(いけだだいすけ)

年齢:40歳

住所:京都府京都市右京区北塔町三明谷

職業:京都府警東山署刑事課の巡査長

逮捕容疑:地方公務員法(守秘義務)違反「7月10日、監禁と強盗事件で逮捕することを高橋俊行容疑者に知らせた。池田容疑者は1週間逃亡した。

池田大助巡査長の顔画像

警察車両で連行される池田大助容疑者

高橋俊行容疑者の顔画像・プロフィール

名前:高橋俊行(たかはしとしゆき)

年齢:49歳

住所:京都府大津市仰木の里3

職業:風俗店や飲食店を経営する社長

逮捕容疑:地方公務員法違反(唆し)

高橋俊行容疑者の顔画像

警察車両で連行される高橋俊行容疑者

京都府警の警察官逮捕が相次いでいる

京都府警の警察官の逮捕者が多すぎます。

高橋龍嗣は高齢者から詐欺

警察官の立場を悪用し、FX借金の返済に充てていた京都府警の警察官。父親も警察官だった男は、交番に勤務していた時に高齢者をだまして金を奪いました。さぎグループも驚きの手口の高齢者詐欺事件は日本中に衝撃を与えました。

50代巡査部長 痴漢逮捕で依願退職

今年の5月、50代巡査部長が痴漢で逮捕。この50歳巡査部長は名前や顔画像の報道もありませんでした。処分を受けた後に依願退職の王道ルート。依願退職は懲戒免職とは違い、もらえるものはもらう権利があります。税金から支払われる退職金はしっかりと受け取っているのでしょう。

京都府警署長は自殺

去年、週刊文春などでも報道された京都府警の署長は息子の不祥事後に自殺しました。

祇園で働いていた息子が酒を盗んで転売していたことが発覚。お店への賠償を支払うと約束していた署長。しかし、突然払うことが惜しくなったのか踏み倒そうとしました。

そして、最後は定年直前に自殺してしまいました。警察官の署長まで上り詰めた警察官人生。その最後を息子に台無しにされた末の悲劇です。

同姓同名で逮捕された警察官は同一人物か

2018年に詐欺・窃盗で逮捕された、京都府警の松岡直樹。4年前にも窃盗容疑で逮捕された警察官に、松岡直樹という名前の人物がいました。同一人物でしょうか。

この警察官の妻も警官でした。さすがに離婚していますが。

同一人物だとすれば、京都府警では一度逮捕された犯罪者が、再び警官として復職し、また同じ犯罪を犯して逮捕されていたということになります。これはさすがに可能性はないでしょうか?

松岡直樹という名前の警察官が京都府警にたまたま2人いた。同じ盗みの容疑で時間差逮捕された。ということなんでしょう。

京都府警の警察官不祥事にネットの声

警察官の詐欺事件逮捕に、多くの声がよせられています。

[ 最近のやばい警官のニュースで記憶にあるのが、大阪府警、和歌山県警、京都府警、北海道警・・・神奈川県警もか。 ]

[ 警官って職業へのイメージを間違ってはいけないよ。昔からそう。最近目立っているのは報道されてるだけで、昔からヤバい奴らが就職するのが警察。]

[ 犯罪者とつながっている警察官なんてたくさんいるんだろうね。金をもらったり、接待を受けているんだろう。]

[学校の先生とかでも最近は生徒や保護者がアンケートでレベル分けしている。警察官も必要だろう。

地域の住民とかに定期的にアンケート取って、レベルの低い警察署や県警なんかを全国規模で順位つけて報道すればいい。多少は、マシな組織になるのでは?

覚せい剤逮捕とか高齢者詐欺とかの警察がマイナスポイントが一番大きくするようなポイント制にしてさ。東京の警視庁から見ても、関西の警察官はたるんでるって話はよく聞くし。]

[警察官って、交通違反の取り締まりだけは一生懸命なんだけどね。身内を取り締まる組織はないの?]

[警官って人数多い大組織。そして問題起こす奴がいたら、即全国報道。ヤフーニュースにもすぐに載ってしまう。だから目立つだけでは?先生や警察官の公務員は逮捕されたときの社会的制裁リスクもはんぱなく高いんだよね。それをもう少し、研修とかで教育した方がいい。]

コメント