ミキがツイッターでステマ広告!吉本興業芸人「京都市盛り上げ隊」も

miki 話題のニュース

京都市が京都出身の吉本興業所属芸人である、漫才コンビ「ミキの2人(昴生・亜生)にステルスマーケティングを依頼していた問題。

 

京都新聞社が報じたミキのツイッター広告だけでなく、「京都市盛り上げ隊」と呼ばれる清水圭や今くるよらのツイートもありました。

 

ミキが1回50万円で京都市ステマツイート

吉本興業ミキは亜生と昴生の兄弟漫才コンビ。2人がそれぞれのツイッターアカウントで京都市から1回50万円でツイートしていました。

 

亜生弟のツイート

お「京都最高ー♪みんなで京都を盛り上げましょう!! 京都を愛する人なら誰でも,京都市を応援できるんです!詳しくはここから!」

 

昴生兄のツイート

「大好きな京都の町並み!! 京都を愛する人なら誰でも,京都市を応援できるんやって!詳しくはここから!」

 

完全に広告です。インスタグラムやアメブロ含めて、SNSで芸能人が広告するのはよく見かけますが、一般企業による広告のそれとほとんど変わりません。

 

それどころか、民間企業でも広告とはっきりわかるように「AD」などの表記をしていますし、関係性の明示をする企業も多い中、京都市が関わってる文言は一切見当たりません。

 

さらに、京都国際映画祭のツイートでは、ミキの2人がポスターにまで入っているのが分かります。

京都市は1ツイート50万円の報酬を税金から支払っていました。「問題ない」と思う京都市民がどれぐらいいるのでしょうか。物議を醸しそうです。

 

「京都市盛り上げ隊」吉本興業芸人が集団で京都応援

ミキだけでなく、清水圭やひょっこりはんの姿もあります。「京都市盛り上げ隊」を結成している吉本興業の芸人。

https%3A%2F%2Ftwitter - ミキがツイッターでステマ広告!吉本興業芸人「京都市盛り上げ隊」も

真ん中にいるのが、京都市の門川大作市長。吉本興業の芸人が門川市長を取り囲むように笑顔で写真におさまっています。

 

清水圭、今くるよ、「モンブラン」のいけっちと木下、「タナからイケダ」の田辺孟徳と池田周平、「ネイビーアフロ」の皆川・はじり。

 

ほとんどの人が知らない知名度の低い芸人が「京都市盛り上げ隊」として、今ではほとんどテレビでもみることのない清水圭や今くるよの先輩2人と活動しています。

 

バランスがいいのはわかりますが、京都市盛り上げ隊の効果があるのかは微妙な気がしますよね。

 

清水圭は京都府宇治市出身ですが、京都市役所で門川大作京都市長を表敬訪問した際には、「正確には京都市伏見区生まれやから」と京都市内で生まれていることを公言。

 

「国際てきにメジャーな京都だが、まだまだきたこともないという方も全国にいると思う。もっと魅力を発信し発展のために我々が寄与したい」と並々ならぬ『京都市愛』を語っていました。

吉本興業の芸人を利用したステマ広告が物議

「京都市の吉本興業の芸人を使ったステマ広告、税金の使い方も公務員らしく『人の金』意識で京都市民からしたら腹立たしい。」

「善意で地元の応援する人たちがほとんどのツイートで、吉本興業の芸人が紛れ込んでステマ広告をしたのは悪意が見える」

「広告費がどうこうより、費用対効果なんか考えているのか。公務員がそんなことまでしているとは思えない。そもそも、京都の古い町並みを誰に紹介してるんだ?外国人は見ないよね」

「悪いとは思わない。やり方を間違った。誤解を与えてはいけない。広告は広告だよ」

「20万人のフォロワーなら1回50万円は高い。それに商品を紹介してすぐに購買につながるステマ広告とは違う。効果が見えにくいことから考えても、破格の金額設定では?いずれにしても、京都市民が納得する税金の使い方だとは思えない」

 

コメント