江戸橋駅人身事故女性自殺者遺言ツイート「弟勉強頑張って、妹は特にない」

edobasi 話題のニュース

11月27日、近鉄名古屋線江戸橋駅で起きた電車飛び込み人身事故。自殺者と思われる人物「ぱぶりか」のツイートが発見され、ネット上で話題になっています。

また、死亡した女性の友人も「昨日話したのに・・・」と絶句。ショックを隠しきれない様子です。

「江戸橋駅人身事故」 ぱぶりかさんの遺言ツイート

 

飛び込んだ女性は、「酒と薬、20代」と自己紹介欄に記入していました。

 

「ぱぶりか」を名乗る人物、うつだったのでしょうか。「うつ友」と友人ツイートへのリンクもあります。

 

ぱぶりかさんの「電車に飛び込む直前」、最後のツイート。

「三重県江戸橋で人身事故おこったらそれ私、よろしく」

「特急まで時間あるから」

「次だ」

家族を気遣う最後

ツイートを読んでいくと、最後に家族へのメッセージがちりばめられていて、家族への感謝と謝罪。これからの幸せを願う投稿が目立ちます。

「ごめんね」

「来世は健常者に生まれたいね」

「ママ、葬式とか絶対しないでね無駄なことにお金使うの嫌いだから。」

「今だから言うけど、腕切ったのはママのせいじゃないからね、いろいろごめんなさいね」

「妹、は特にいうことないかな」

「弟、勉強頑張って留年しないように、ママを困らせちゃだめだよ」

ぱぶりかは三重県江戸橋駅近くに住む20代女性か

「ぱぶりか」さんの最後のツイートをさらに読んでいくと、死を決意したすがすがしい気持ちもあることがわかります。

「邪念がないからいいきもちやねいま」

「いまから処刑されるっていうマリーアントワネットの気持ちわかるわ」

「ふしぎと怖くないな」

「朝ごはん食べたら駅いく」

「ベッドの近くに酒缶置いてたからままに飲んでることバレたまぁいいや」

「まだぼーっとするけど意識ありま」

「口渇やば」

「また隠れて飲むしかないのかあ~(しにたい)」

「くそ発作のせいでお酒のめれん、」

「家族やめたい」

「友達との手紙で、死ぬこととはこれからの出会いを放棄するって意味だよ。っていう文章書いてあってなるほどなあ(しにたい)ってなってる」

パプリカさんのツイートで明らかなのは、

20代の女性

うつ病か、精神的な病を持つ

酒を禁止されていたが、家族に隠れてのんでいたか

ネットの反応

 

「おいおいしんだら、だめ」

「江戸橋駅で人身事故起きたら私ってツイートをみた。まさかな…」

「江戸橋でじさつした子のツイートみたら涙でてきた、こめんねとか謝らんといて」

「江戸橋駅で人身事故、今いかないほうがいい」

「大丈夫なのかな、死体バラバラって」

「江戸橋人身事故でブルーシートが線路に敷いてあった」

「江戸橋、えぐいって」

パプリカの友人「昨日話したのに・・」

パプリカさんが「ウッ友」とツイッター上で紹介していた、友人と思われる人物。「受け入れたくない」「噓であってほしい」とツイート。

コメント