水戸市認可外保育園で乳児死亡場所を特定!茨城県隠ぺいで保育士名前や現在は?

hoikuen 話題のニュース

茨城県水戸市にあるベビーホテル(認可外の保育施設)に預けられていた赤ちゃんが立て続けに死亡する事故が起きていたことが判明。

 

茨城県は公表していなかったことから、「2回目は防げた事故」とネットで物議を醸し出しています。

 

また、託児所ひょうたん島の施設長だった人物は誰なのか。今は違う保育所にいるのか追っていきます。

水戸認可外保育園で2人の乳児が死亡

朝日新聞が報じ、話題になっています。

水戸市の認可外保育施設(ベビーホテル)で2016年と18年に、預けられていた乳児が相次いで死亡していたことが分かった。いずれも死因は特定されなかった。施設長が同年9月、施設の廃止届を出し、現在は運営していない。

出典:朝日新聞

 

報道されている事実について、概要をまとめます。

  • 2016年7月に0歳の女の子がなくなる事故
  • 2018年9月1日に生後2か月の男の子がなくなる事故

生後2か月の男の子は、前の日の夜から預けられていて、母親が午前3時半ごろに迎えにきたときにはうつぶせ状態で冷たくなっていた。

茨城県の対応がひどすぎる!

茨城県はなぜ公表しなかったのか。2016年の事故について、茨城県が公表しなかった理由を3点挙げています。

  • 「死因が特定されていなかったから」
  • 「警察が報道発表していないから 」
  • 「個人情報保護の観点から」

 

茨城県が公表しなかった理由は分からなくもありません。ただ正しかったかどうかについては結果が物語っています。

 

茨城県が「隠ぺいした」結果、2018年に「防げるはずの不幸」が繰り返される事故が起きてしまったわけです。

 

2018年に2か月の男の子が亡くなってしまったのは、どう考えても、保育園のミス。

 

寝返りもできない赤ちゃんがうつぶせで冷たくなった状態で母親が発見する・・こんな悲惨な事故はありません。

 

「事故というより、過失致死事件」ではないのかという声もさっそくネットでは上がっています。今後、波紋を広げることは間違いなさそうです。

 

茨城県は2018年の事故後も発表することはありませんでした。理由は「遺族に配慮したから。」

 

「茨城県は隠ぺいを1度ならず2度していた。2度も乳児を死なせる事故を起こしながら、保身を優先した」そう取られても、当事者は反論できないでしょう。

 

茨城県は、有識者会議や再発防止に向けた報告書をホームページ上で公表するなど、「形だけの批判かわし」のようなお役所仕事だけはきっちりとしています。

 

後に、明らかになり報道されることは予想していたのかもしれません。

保育施設は「ひょうたん島」で母親が悲惨すぎる

今は運営していない、水戸市で乳児を2人死なせた認可外保育園はどこなのか。

 

朝日新聞が掲載した写真から、水戸市大工町3丁目にあった「託児所 ひょうたん島」ということが判明しています。

 

 

認可外保育園は2018年の事故後、9月には閉鎖し、当時の施設長が誰なのか、責任を負うべき人物の所在は明らかにはされていません。

2018年に9月に閉鎖した、「託児所 ひょうたん島」

 

看板には、「(一時預かり可)24時間保育」「0才児よりOK!!」「お母様が安心して働けるお手伝い」の文字が並びます。

 

また料金も入口看板にある「料金表」から確認できます。

月極

乳幼児ー昼45,000円、夜50,000円

1才ー昼40,000円、夜45,000円

2、3才ー昼35,000円、夜40,000円

4才ー昼30,000円、夜35,000円

5才ー昼25,000円、夜30,000円

 

亡くなった女児は0歳、男児は生後2か月でした。つまり、月に50,000円支払って子供を預け働いていた時に不幸な事故が起きてしまった。

 

本当にかわいそうで胸が張り裂けそうな事件です。男児のお母さんは深夜3時半に迎えに行っていますから、夜に働かざる得ない環境にいる女性だということが想像できます。

 

夜中まで働いていた母親。月に5万円も支払ってこどもを預け、仕事をしていました。夜の仕事を終えて愛する生まれたばかりの子供を迎えに行ったら、誰も面倒を見ていなくて、うつぶせでぐったりしていた・・・この時の母親の悲しみは想像を絶します。

施設長は誰なのか?責任を取らず違う場所で保育士?

「託児所ひょうたん島」は約1年前に閉鎖しています。施設長含め、当時保育士として責任を果たさなかった人物は誰なのかは公表されていません。

 

あくまでも事故として処理されていて、警察からも発表がない。つまり、保育士は誰も責任を取っていません。

 

水戸市には他にも認可外保育園が数か所あります。2人の乳児を死なせてしまった保育士は仕事を続けているのでしょうか。自分の子供だと考えると、吐き気すら覚えてしまう「水戸市認可外保育園乳児死亡事故」です

コメント