渡邉雄二容疑者の顔が恐怖!3歳隆太郎を預け海外出張シンママ山田さんが物議

watanabeyuji 話題のニュース

渡辺雄二(渡邉雄二)容疑者が東京江東区にあるタワーマンションで同居女性、シングルマザーの息子である山田隆太郎ちゃんの腹を殴り、傷害致死容疑で逮捕された事件。

 

ヤバすぎる渡辺ゆうじ容疑者の顔映像がネットで話題ですが、同時に、渡辺容疑者に息子を預けて海外に出張したシングルマザーへの疑問が噴出。物議を醸し出しています。

渡辺雄二の連行される顔画像がヤバい

渡辺雄二容疑者は34歳、逮捕直前に東京都昭島市に引っ越しています。会社員ですが、勤務先はまだ報じられていません。 「土木作業員ではないのか」という話もネット上にはあります。

 

今年9月に起きた隆太郎ちゃん死亡事故はやはり、同居していた渡邉雄二容疑者が腹部をなぐったことによる傷害致死事件でした。

 

渡邉雄二容疑者は、今年の4月春ごろから山田隆太郎ちゃんが母親と住む、江東豊洲のタワーマンションに引っ越してきていました。

 

watanabeyuji

 

渡辺雄二容疑者が連行される映像が報じられています。捜査員に囲まれて後部座席の真ん中にどかっと座り、真正面にあるカメラをじっと見据える眼光鋭いまなざし。

watanabeyuji

憮然とした表情で警察署に入っていく姿に、「やばすぎる」「堅気にはみえない」など、ネット上でも衝撃が広がっています。

渡辺雄二「片親育ちですぐキレる子供だった」生い立ちに原因か

渡辺雄二容疑者の父親が取材に答えていました。

「幼い時に別れ、面倒を見ていない」

「そんなことをする子になるとは…」

「すぐに怒るようなところはあった、気に入らないとキレる」

 

3歳の子供の腹部を殴り死なせた渡辺雄二容疑者。常識では理解できないような犯罪者は、たいていは家庭環境に問題があることが多いわけですが、渡邉容疑者も複雑な少年時代を過ごしていました。

豊洲のタワーマンション現場を特定か

江東区豊洲にあるタワーマンションで起きた、幼児虐待死事件。

 

虐待というと、「低収入のシングルマザーが住むアパートで同居していた男性が暴力をふるう」というパターンがほとんど。

 

現場となったシングルマザーが住んでいたマンションは、豊洲にあるタワマンですから、少なくとも、20万円前後は家賃なり毎月のローンの支払いが必要な場所なのではないでしょうか。

 

虐待死事件があったタワーマンションに住む住民にとっても、信じられない衝撃の事件です。

シングルマザー「山田隆太郎を渡辺雄二に預けた理由」がひどい

watanabeyuuji

 

この渡辺雄二容疑者に自分の3歳の息子を預けて、海外に出張していたというシングルマザー。

江東区豊洲にあるタワーマンションに住んでいることから、「一流企業に勤めるキャリアウーマンなのではないか?」という推測が広がる一方、「母親はなぜ、渡辺雄二のような男に、大切な息子を預けたのか?」と物議を醸し出し始めました。

 

子供の虐待死の悲しいニュースにつきものではありますが、毎回同じパターン。虐待死に出てくる「関連ワード」を並べてみます

  • シングルマザー
  • 同居していた男
  • 児童相談所
  • 母が外出中に暴行
  • 犯行について、警察に嘘をつく加害者男
  • 低収入
  • キャバクラ勤務
  • DV(ドメスティックバイオレンス)疑いもある
  • 土木作業員などの「体でかせぐ」仕事をしている

 

今回の江東区タワーマンションの事件では、低収入やキャバクラなどのキーワードはでてきていませんが、それ以外は他の事件と共通しています。

隆太郎くんの母「息子に会いたい・申し訳ない」

シングルマザーだった、山田隆太郎の母親である女性。自分の男の選択で失った悲しみや後悔は想像を絶します。

 

加えて、世間からのバッシングにも耐えなければならないことを考えると悲惨すぎる…

コメント