安保王子と安保友佐関係が判明!きみこ友人「ともすけが暴力」名前いじめで無職か

anbokimiko 話題のニュース

さいたま市桜区道場の集合住宅で、無職ニートの安保友佐(あんぼともすけ)容疑者が妹の安保王子さん(あんぼきみこさん)と長男の大翔(はると)くんを殺害した悲劇的な事件。

 

兄の安保ともすけ容疑者は、学生時代から家庭内で暴れていて妹の安保きみこさんもその被害を受けていたと王子さん友人がネットで告発しています。

事件が起きた浦和の集合住宅「3LDKに5人暮らし」

さいたま市桜区にある集合住宅に5人暮らしだった、安保家。

浦和栄和南住宅

 

安保家には父親はいませんでした。

  • 57歳の母親
  • 28歳の長男
  • 25歳の次男(犯人のともすけ容疑者)
  • 24歳の長女・妹(亡くなった王子さん)
  • 王子さんの3歳の息子、大翔(はると)くん

間取りも明らかになっています。

d3c386ba4614ab8dad67780e144a74c9 172x300 - 安保王子と安保友佐関係が判明!きみこ友人「ともすけが暴力」名前いじめで無職か

 

 

 

 

 

 

集合住宅に5人暮らし。それも3歳の幼児1名に、大人の男2人を含むと考えると、「狭い家にぎゅうぎゅうになって住んでいたのではないか」というネットの声もありました。

関連記事

安保王子読み方顔画像にネット騒然!兄友佐ともすけはモデルで母親の責任を報じろと物議

ただ、この間取りを見ると、3LDK。独立した部屋が3部屋あります。LDKも15畳近くありますから、そんなに狭いという感じではありません。

安保友佐がプッツンして犯行に及んだ背景も判明

安保ともすけ容疑者は妹の言葉遣いにキレて、「ごめんなさい」と泣きながら謝る妹を許すことなく、げらげらと笑いながら犯行に及びました。その後、警察官にも襲い掛かろうとしています。

tomosuke

ネット上では、「統合失調症だろうか」といった声が多く見られました。ただ、何らかの精神疾患を抱えている可能性はありますが、統合失調症の症状とは関連性がなさそうです。

 

また、「モデルでイケメン」という情報もありますが、ちょっと想像しがたいですし、ヤフー知恵袋に匿名で出てきた情報。デマの可能性があります。

 

というのも、「安保ともすけ容疑者は学生時代から家庭内暴力が絶えなかった。妹の王子さんは困っていた」と、亡くなった王子さんの友人がネット上で告発しています。

https%3A%2F%2Ftwitter - 安保王子と安保友佐関係が判明!きみこ友人「ともすけが暴力」名前いじめで無職か

ともすけ容疑者は25歳で無職。母親しかいない集合住宅に28歳の兄と住んでいるような男です。名前も友佐でともすけですから、「学生時代からいじめにあい、相当辛い思いを学校でしてきただろう」という声も見られました。

 

自分のプライドを唯一守れる場所に、唯一強く物を言える相手である妹王子さんがシングルマザーとして子供を連れて帰ってきたと考えれば、犯行動機が浮かび上がります。

関連記事

安保王子読み方顔画像にネット騒然!兄友佐ともすけはモデルで母親の責任を報じろと物議

3歳の大翔くんに自分の生活のペースを乱されたともすけ容疑者。王子さんの「いいかげんに働くか、出ていくかすれば?」の一言にキレてしまったのか。

安保王子さんFacebook顔画像

安保王子さんのFacebookが特定されていました。

 

安保王子さんの顔画像

安保王子

anbokimiko

幼い3歳の息子を抱え、実家に戻ってきていた安保王子さん。パート従業員として働きながら、懸命に大翔ちゃんを育てようとしていた24歳きみこさんの無念を思うと涙が出ます。

「台所できみこを刺し逃げたおいも刺した」怖すぎる兄

anbotomohisa

シングルマザーの妹が3歳の息子と実家に住んでいることが気に食わなかった、ともすけ容疑者。きみこさんはパートとはいえ仕事をしていました。つまり、無職でニート状態だったともすけ容疑者が3歳のおいの面倒を見る時間もあった。

 

3歳のおいがかわいくないはずがありません。普段は仲良く遊ぶこともあったのではないでしょうか。

 

ただ、ともすけ容疑者にとって、唯一の居場所である実家で、自分の思い通りには動かない3歳児にしだいに腹を立てていたのでしょうか。

 

「助けてください。ごめんなさい!」

 

連呼する妹を、「もう遅いよ」と笑いながら刺したともすけ容疑者。母親が目の前で刺され逃げたおいの大翔ちゃんを追いかけるともすけ容疑者の顔を想像するだけで、吐き気がしてきます。

anobo

「王子できみこに友佐でともすけ」名前がネット上で話題に…

ネット上では、「王子できみこ」という名前に注目が集まり、5チャンネルなどでは大きな話題となっていました。

 

容疑者兄の「友佐でともすけ」も含め、全国探してもまず見つからない・2つとない名前をつけることにこだわったであろう57歳母親。

 

「まさか、手塩に掛けて育ていた子供たちが殺し合うとは…」兄弟姉妹が協力しあい助け合いながら生きることを望んでいた母親の悲しみは想像を絶します。

関連記事

安保王子読み方顔画像にネット騒然!兄友佐ともすけはモデルで母親の責任を報じろと物議

しかも、成人した3人(28歳長男、27歳ともすけ容疑者、24歳シンママ王子さん)の子供たちの面倒を集合住宅で見続けていた母親。孫の大翔くんも含めて、どんなに可愛がっていたこか

コメント