話題のニュース

高井崇志「パチンコ叩きで文春リーク」風俗に通うために国会議員に

立憲民主党の高井たかし衆議院議員の新宿歌舞伎町での風俗店問題を文春がスクープし、コロナ禍で性的サービスを受けていたことが物議を醸し出しています。

 

高井崇志議員といえば、国会議員のパチンコ癒着問題に切り込むことでしられている立憲民主党の衆議院議員。

 

韓国との仲の良さや加計学園問題でも、自民党の「利権議員」をいらつかせてきました。

立憲民主党・高井崇志が歌舞伎町風俗店に出没

週刊文春が報じています。

 

緊急事態宣言・休業要請があいつぐ東京。連日コロナ報道が相次ぐ中、歌舞伎町の風俗店に入店し性的なサービスを受けていました。

 

日時:4月9日夜

場所:東京都新宿歌舞伎町の雑居ビル「X」

通称セクキャバと呼ばれる、性的サービス店

緊急事態宣言の中、通常の10分の1ほどしか入っていないお客さんの1人としてセクキャバに来店した、高井議員。

 

お気に入りの女の子「A嬢」を指名し、合計120分もの間滞在。汚い&臭すぎる状態で帰っていきました。

高井たかし議員「犬になりたい」風俗バカだった

https://twitter.com/kazu11111111/status/1249989219163881473

 

高井議員は、A嬢を溺愛していたようです。今回、文春が報じたX店への来店も初めてではなかったのでしょう。

 

『こんなにかわいいこいないよ!』

『白石麻衣(まいやん)に似ている!』

とA嬢と120分の濃厚な時間を過ごした高井たかし議員。

 

立憲民主党の岡山出身の衆議院議員は、新宿歌舞伎町の風俗嬢に入れあげる、「ただのスケベ親父」だったことが判明してしまいました。

 

緊急事態宣言が敷かれる東京都内で風俗店に行くような男です。

 

歌舞伎町だけに限らず、東京都内の風俗店を網羅していたに違いありません。

 

「東京の風俗店なら高井崇志議員に聞く」国会議員の間でも、有名だったのかもしれません。

高井たかし「衆議院議員を辞めて隠居生活?」風俗で犬になった男の結末は?

文春によると、高井議員はセクキャバ店内で、あろうことか果てたうえに、「おしぼりも不要」と答えたとか‥

 

「おしぼりを使うのはダサい。そのまま変えるのが、国会議員さ」

 

高井議員が風俗嬢Aに何と言ったのかはまだわかりませんが、この国家の非常事態に風俗店に行き、文春砲を直撃されるような男です。「ズレ方のレベル」では、貴族動画で炎上した安倍首相を凌ぐのは違いありません。

 

不衛生極まりなく、誰もが眉をひそめる汚さ。

 

それにしても、高井たかし議員の羞恥心がまともであるなら、二度と国会に姿を現すこともないのではないでしょうか?

 

ひっそりと、どこか田舎の山(もしくは海)近くで、孤独に生きていくことを選択することになっても不思議に思う人はいないはずです。

 

妻や子供など、家族のことが心配になります。

 

高井崇志議員は、岡山県選出の50歳の国会議員です。本人はもちろん、嫁や子どもにしても、まともな神経なら地元を歩くことはできないでしょう。

 

「犬になりたい」と緊急事態宣言の東京で新宿歌舞伎町の風俗店に通っていた男とその家族。

 

想像するだけでも、あまりにも悲惨な運命が待ち構えています。

高井たかし「パチンコ利権議員が文春に売った」か

立憲民主党の高井崇志議員と言えば、「パチンコ利権を持つ国会議員を成敗する庶民の見方」というイメージを持つ方も多い。

 

パチンコ業界から『天敵政治家』と呼ばれる高井崇志議員について報じている、ビジネスジャーナルの記事から、引用します。

「パチンコ業界の問題点に切り込む議員として有名ですね。今月には、『みなし機』問題について内閣に質問書を提出。その主な内容は、みなし機に関する法的な取り扱いが示されていないことについてです。検定・認定の有効期間が切れた『みなし機』は『著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機』となり、有効期間切れのパチスロ機を用いた営業は法令違反になるのでは、と指摘。つまり、期限切れのパチスロは早く撤去すべきということですね。
これらの機種はホールでまだ見かけますし、必要とするパチンコ店は多く存在しているでしょう。高井議員が指摘した内容が実施されれば、間違いなくホールは大打撃。『みなし機』撤去後の代替機種を買わなければなりませんからね。売上に貢献できる機種かどうか分かりませんし被害は甚大と思われます。そうした意味でも、高井議員を良く思うパチンコ業界の人は多くはないでしょうね。

ただ、高井議員の指摘は決して間違っていないという声もあります。『業界が目を背けたい内容に触れているだけ』と支持するユーザーは多いですよ」(記者)

 

コロナ禍の中、「なぜ、パチンコは出入り禁止・営業禁止にしないんだ?」という声が多かったことは多くの国民も知っています。

 

パチンコ・スロット関連のお店は、「1日休めば1億円の売上が飛ぶ」と言われていて、それを支えるパチンコ利権議員の存在は取りだたされてきました。

 

高井崇志議員がパチンコ業界とその取り巻きである国会議員を敵に回してしまった結果、文春に新宿歌舞伎町の風俗店に通っていることをリークされた。行き過ぎた推測ではないでしょう。

今週発売の文春内容含めて、追記します(続く・・・)

令和新着ニュース

コメント