話題のニュース

眞子さま佳子様アナ雪鑑賞と姉妹愛「映画見る皇室公務」ネットで物議

話題のニュース

秋篠宮家の眞子さまと佳子さまが姉妹そろってアナと雪の女王2をご鑑賞されました。

 

台風19号被災者のためのチャリティー試写会に、姉妹で鑑賞に訪れた眞子さまと佳子さま。ネットでは小室圭さんとの結婚問題や皇室公務として適切なのかといった声が上がっています。

中本みずきさん「うれしかった」

主題歌を歌う中本みずきさんのとなりに座った、眞子さまと佳子さま。

中本みずきさんは「とても緊張していたが、眞子さまに話しかけられて優しい方でとてもうれしかったです。」

眞子さまと佳子さまの姉妹愛

平成3年秋篠宮家の長女として誕生した眞子さま。幼いころから生き物に興味を持っていた眞子さまが3歳だったとき、妹の過去様が誕生しました。

 

眞子様と佳子様は幼児の頃から手をにぎりあい、おそろいの洋服を着ている仲のよい姉妹として知られてきました。

 

平成13年に佳子様が学習院初等科に入学し同級生となりました。佳子様はフィギアスケートで優勝するなど活躍。

 

その後、眞子さまは国際基督教大学に進学。佳子様は学習院大学に進学するものの眞子さまの後を追い、国際基督教大学に編入しました。

 

「ときにはよる遅くまで2人で話し合うこともある、友人のような関係」と眞子様。

 

対して佳子様は「姉のことを信頼している。よく姉の部屋で深夜まで話をしている」と絶大な信頼を寄せています。

眞子様と小室圭さん結婚擁護で炎上した佳子さま

佳子さまが異例の姉擁護をしたときは大きな話題となりました。

「私は結婚においては当人の気持ちが大切であると思っていいます。ですので、姉の希望が叶えばいい」と姉をかばってみせた佳子さま。

 

マスコミ批判ともとれる言葉もあったこともありますが、佳子さまは姉を擁護したことをきっかけに、バッシングを受けるようになってしまった現実があります。

公務で秋篠宮姉妹がアナ雪映画を見る意味

秋篠宮家の20代後半姉妹が映画を見るという公務。多くの声が上がっています。

 

「明らかに公務不足批判の佳子様を表舞台に立たせる為用意したんでしょうけど⋯これがなんの役に立つ公務なのかむしろ教えてもらいたい。」

 

「別にスピーチするわけでもない、ただ人気のディズニーランド映画を税金使って姉妹で堪能した休日にしか見えないんですが⋯。この公務とやらの会場に居合わせてしまった国民が可哀想だなぁと思ってしまいました。」

 

「姉妹揃って映画を見るだけで公務なんてお気楽ですね。そんなことよりKのことはどうするおつもり?」

 

「まだ高校生くらいだったらこういうのが公務でもいいけど
20代半ば、後半の方たちがやる公務ではないよなあ」

 

「アナ雪鑑賞(笑)こんな公務のために女性宮家を創設するのは止めてほしい。」

 

「これって公務なの?これでいくらもらってるの?この人達お金にならないこともするの?」

 

「映画鑑賞なんてお遊びだろ。アナと雪の女王2を見るだけが公務?映画鑑賞を公務にするなんてありえない。止めてもらいたい。」

「映画鑑為に、警備やなんかで多額の税金が使われているなんて腹が立つ。」

コメント