話題のニュース

多田陽介船長逮捕されたけど川津小生徒62人を沈没から守った

tadayousuke-sentyou話題のニュース

11月19日、香川県坂出市立川津小学校62人を乗せた船が沈没した事故で船長の多田陽介(ただようすけ)45歳が逮捕されました。

 

この船の事故は19日午後4時40分頃に川津小学校6年生52人と引率10人を乗せていましたが、船長のただ陽介容疑者の航路調査不足により浅瀬に乗り揚げてしまい近くの岩場には船の塗料が付着していた模様。

 

川津小学校の生徒は救命胴衣着用し多田ようすけ船長らの指示に従い救助を待ち無事全員救助。

 

結果的に多田陽介船長は法律的に逮捕されてしまいました。しかし多田ようすけ船長の功績を辿ると62人の命を守る事ができた理由が分かったので追跡します。

多田陽介船長の顔画像はこちら

tadayousuke-sentyou

とても温厚で優しそうな船長さんですね。船の内装は若干昭和の感じが漂っていますが、それだけこの船との相性や信頼関係ができているという自信が伝わってきます。

 

ベテランの多田ようすけ船長のプロフィールを覗いてみましょう。

名前・多田陽介
年齢・・45歳
職業・・「Shrimp of Art」の船長
逮捕容疑→業務上過失往来危険

多田ようすけ船長フェイスブックはこちら

ただ陽介船長のFacebookを発見しました!多田陽介の名前でフェイスブックは検索はヒットしませんでした。

 

多田陽介船長のfacebookアカウントを検索した結果

tadayousuke-sentyou

画像なしアカウントもありますね。ただようすけ船長は、高松出身ですからここにはいない。

こちらも画像はたくさんありますが船長らしいアカウントはありませんね。多田陽介船長は45歳。フェイスブックで自分の顔画像をさらすのは恥ずかしい年代でしょうか。

 

neko
neko

そうね、海の男だし。超イケメン船長ならもっと見たかったわ。

あるネット情報によると、多田陽介船長は17歳のころから海に出ていて、最近まで1日の半分以上は海の上にいるとか。65年前に起きた船事故(当時も川津小学校が被害)があり、生徒が大勢なくなる悲惨な事故だったそうです。

 

 

それだけ、海の変化が激しい高松で経験し船長をやってきているのであれば口コミや知り合いなどからの信頼は暑いでしょう。

 

多田陽介船長のfacebook個人アカウント発見次第こちらにあげていきます。

neko
neko

ただ陽介船長の顔画像は別にどうでもいいの。私が知りたいのは船長がなんで拍手喝采かってこと。

 

 

ただようすけ容疑者(船長)の船沈没の概要

19日夕方、香川県坂出市沖で船が漂流物に衝突して浸水しているという通報があり、修学旅行中の小学生や教員ら合わせて62人が救助されました。
このうち3人は体温の低下などを訴えて、病院で手当てを受けたということです。

高松海上保安部によりますと、19日午後4時40分ごろ、香川県坂出市沖にある与島の北側を航行していた船から、「漂流物に衝突して船が浸水している」と通報がありました。

船には、18日から1泊2日の日程で修学旅行をしていた坂出市立川津小学校の6年生と担当教員など合わせて62人が乗っていて、午後5時半ごろに全員救助されました。

出典:NHK

多田陽介船長の口コミとも言える船長として信頼を置く方からの紹介記事がありました。

●高松港から定期船「豊島フェリー」に乗って35分ほどで到着する豊島。海上タクシーも便利です。今回お世話になったのは、「高松海上タクシー」。船頭の多田陽介さんが運転する海上たくしーで、豊島へ向かいました。(一部省略)
もともとお父さんが船乗りで、息子の陽介さんは幼いころから船に乗って海に出ていたそう。風向きや雲の形、海の色で、臨時に天気の変化をとらえ、この先にどのようなことが起きるのかを判断する海人です。

出典:https://yohei-0614.com

 

 

多田陽介船長が称賛されるわけ

19日におこった船沈没事故。川津小学校6年生52人と引率10人の命全員が無事だった今回の沈没事故ですが、多田ようすけ船長による機転と対応、そして長年の漁師間での信頼関係、あとは自然を味方につけていたという点でしょうか。

tadayousuke-tinbotu

生還のポイント

●多田陽介という人間の信頼が厚い
●ライフジャケット全員分の確保
●船が沈みかけても冷静に船から即刻離れるように指示
●周囲に漁師がたくさんいて救助に駆けつけてくれた
●海水温がたまたま高い日だった

neko
neko

ライフジャケット、指示、海水温について詳しく教えてちょうだい

ただようすけ船長ライフジャケットをしっかり用意

多田陽介船長の船は小型船舶。40人の大人が乗れば、40人分のライフジャケットが用意されますが、12歳未満だと子供2人に対しライフジャケット1つと考えるんだそうです。

 

ですから通常通りの容易をしていれば、当然ライフジャケットはものすごく足りない。当然溺れる子も続出。もっと最悪な結果になっていたということです。

 

tadayousuke-sentyou

船沈没・・海水温は適切な温度だった

川津小学校6年生及び引率合わせて62人の命が助かったのポイントとして、海水温が高かったということ。命に影響を及ぼす水温の目安は17℃。これを下回り、体温もさらに1度ずつ低下していけば、生命に重大な危機が迫ります。

冷たい海水ではいくらライフジャケットを着用していても、体温が奪われ低体温で命を落とします。今回の船沈没で3名が低体温で搬送されましたが命に別状はなかったという事です。

ちなみに事故当時の海水温は20℃。

neko
neko

20℃でも十分寒いけどね。けど暖かい日でよかったわ。

船長の指示は正しかった

川津小の生徒を載せた多田陽介船長の船は小型船舶。船長からは「飛び込んで船から離れるように」と指示があり、みんな従い海へ。

 

冷たい海に飛び込む勇気は相当な者であったと察します。ただようすけ船長に今まで沈没の経験があったかは不明ですが、船が沈む時の一番のリスクを回避したと船舶免許をもっている方は話します。

一番怖いのは
●船の中に閉じ込められる
●船と一緒に海の中に引きずり込まれる。

だからまずは海の中に飛び込み、船から即刻離れるという避難をとっていますね。

多田陽介船長を応援する声

 

多田陽介船長逮捕そしてこれから

航路調査不足で船沈没事故を起こした多田ようすけ容疑者。犠牲者なでなかったにしても法に触れてしまえば、それだけの償いをしなさいというのが世の性。川津小学校生徒さんたちにもトラウマを与えたのは間違いないので、船長として今後もやるなら、海を甘く見ずさらに成長してか帰ってきてくれたらと思う。

 

そして何より、冷静に行動をし助け合った川津小学校の6年生にも称賛お拍手を贈りたい。

コメント