小室圭結婚問題「眞子さまだけ無傷」佳子さま秋篠宮家炎上も「感知せず」理由と週刊誌の擁護

編集部 小田代理沙子

「眞子さまの公務がすごい!」褒める週刊誌

小室圭さんと眞子さまの婚約会見から2年が経ちます。未だに解決の糸口さえ見つからない状況が続き、あまりの展開の遅さ・当事者の無責任さに対して、国民の我慢も限界です。

国民のフラストレーションは、アメリカで学生をやっている小室圭さんだけでなく、元婚約者との間に金銭トラブル問題を抱えている小室さん母親の佳代さん、「どうなっているのか分からない」発言の秋篠宮さま・紀子さまの両親への厳しい声となる中、週刊誌も国民の声に応えるかのような記事を連発させてきました。

ただ、なぜか当事者である眞子さまの批判記事を週刊誌で見かけることはありません。

なぜなのか。

眞子さまを持ち上げる週刊誌(女性セブン)の記事がネットで物議をかもしています。

大学卒業後、就職もしてないのにお出ましがあまりないカコさま。来月の海外ゴコームでもお言葉が予定されてるのは2回だけ。でも、マコさまは研究員もやりながらたびたびお出ましになられ、海外ゴコームでもお言葉を9回も!マコさまのお出ましが絶えないのは丁寧な仕事ぶりが評価されてるから!とカコさんを利用してマコさん絶賛。 
マコさまはゴコーム頑張ってる!皇室にマコさまは必要!コムロさんも勉強頑張ってる!、国民はマコさまの女性宮家を望んでる!って流れにしたいんじゃ? 
まだ美智子さんと秋篠宮家は女性宮家諦めてないよ、これじゃ。 

ガールズちゃんねるより引用

「眞子さま 佳子さま 姉妹公務格差にエッ!? 」って見出しの記事だよね。 
見出しの下には小さな文字で「超激務vs優雅なニート生活」って書かれててちょっと驚いた。 
眞子さまはこんなに大変でこんなに頑張っていらっしゃって公務の内容も素晴らしい、一方それに比べて佳子さまは‥みたいな、眞子さん持ち上げ&佳子さん批判記事だった。 
少し前の新潮にも佳子さんの公務が少ないのを批判する記事が出てたけど、やっぱりあの卒業回答でメディアと国民に喧嘩を売るような事を言ったのが相当マズかったと見た。 
まあそれに関しては完全に佳子さんが悪いから仕方ないとは言え、佳子さんと比べて眞子さんはこんな状況になっても批判記事書かれないのが不思議。 
ネットでは批判されてるけど週刊誌では未だに「お気の毒、ご心痛」みたいな感じだし。

ガールズちゃんねるより引用

私も眞子さんの批判記事が出ないのが本当に不思議。 
もう30近いのに延期文書出して以来、婚約内定者がメディアに報道され放題なのにもかかわらず、他人事のようにほったらかしだよね。そもそも、眞子さんがしっかりしてれば小室みたいなやつに付け込まれることはなかったわけで。眞子さんの人となりについて、山○天皇やスキー合宿のことをからめた批判記事なんかありそうなものだけど、全然ない。 
小室を切らない理由は、眞子さまは意思が硬いから、一途だからで済まされてる。 

ガールズちゃんねるより引用

「美智子さまのお気に入りの孫」説

眞子さまの妹である佳子さまは、その「自由奔放さと美しさ」ゆえにマスコミから追いかけられてきました。その鬱憤が溜まっていたのか、大学卒業時にフラストレーションを爆発させ、マスコミ批判を展開します。

その後、仕事もせず公務もほとんどしない佳子さまはマスコミの格好のえじきとなってしまいました。ネット上でも 「佳子さまといえばロイヤルニート」と認知されてしまっています。

それにしても、ここまで露骨に「眞子さまアゲ、佳子さまタタキ」を週刊誌が繰り返す理由やその背景には何があるのか。

美智子様のお気に入りだから。

上皇夫妻お気に入りの初孫だから? 

公務先の利権関係者やマスコミに評判がいいから?

上皇夫妻のお気に入りだから。 

ガールズちゃんねるより引用

上皇后さまは皇后時代から週刊誌の記事をチェックし、自分をほめたたえるような記事を書かせていたといわれていますが、それにしても、「美智子さまが眞子さまアゲ記事を書くように週刊誌に指示している」なんてことがあるのか。

バカげた妄想に思えるかもしれませんが、可能性は否定できません。

「家族が炎上」も眞子さまは微動だにせず

眞子さまが「小室圭さんとは別れる」と言えば済む小室結婚問題。年齢を考えてもこれ以上時間を無駄にせずに動いて欲しい・・国民の願いです。

姉を擁護する発言をした妹の佳子さまが集中砲火を浴びても、「娘の教育がなっていない」と秋篠宮さま・紀子さまの両親が国民からバッシングを浴びても、弟の悠仁さまの皇位継承問題に悪影響を及ぼしても、決して動かない眞子さま。まさに「動かざること・・のごとし」のよう。そして、「眞子さまが結論を出すべき」と一切書かない週刊誌。やはり上皇后さまでしょうか。

コメント